ホーム » インタビュー » 山野草の先駆者から若い業界人へのメッセージ

中山植物園 代表取締役

中山 洋さん

なかやま ひろし

1939(昭和14)年生まれ。1981年、長野県富士見町に中山植物園を開設し、日本の山野草業界をリードしてきた。山野草愛好家の不法な山採りが横行する中で、増殖・生産による山野草苗流通を確立。全国の山野草業者がつくった㈲日本山草で初代社長も務めた。

山野草の先駆者から若い業界人へのメッセージ

>伝統園芸と山野草、クラフトを融合した「富士見パノラマFes」が6月に開催されて好評でした。中山さんは、このイベントの発起人代表を務められました。

長野県富士見町は、山野草の草分けになった場所です。戦後すぐに東京の百貨店などで開かれた展示即売会に鉢物や苗を出荷して、日本の山野草文化をつくってきました。山野草を学びたいという人たちも富士見に集まってきて、ここで学び、今は全国で活躍しています。 私自身も、この富士見町には大変お世話になってきました。富士見パノラマFesの発起人になったの

( 2022年09月号掲載 )

トップへ戻る