ホーム » インタビュー » 地域になくてはならない「造園業」を見据えて

石井造園株式会社 代表取締役

石井直樹さん

いしい なおき

神奈川県横浜市出身。2004年、石井造園株式会社 代表取締役就任。地域貢献に軸足を置いたCSRを基盤とした経営を展開している。そのCSR活動は毎年20を超え、独自の緑化基金を構築するなど地域のサステナブルな活動を支援する。2016年経営者「環境力」大賞受賞。2020年横浜市Y-SDGs認証において初回最上位認証取得。

地域になくてはならない「造園業」を見据えて

>令和3年度「青少年の体験活動推進企業表彰」での文部科学大臣賞受賞おめでとうございます。プレゼンテーションされた「Discovery Yokohamaナラ枯れを探そう」とは、どんな活動なのでしょうか。

ナラ枯れは在来種であるカシノナガキクイムシが原因です。なぜ今になってナラ枯れが増えてきたのかというと、2つ要因があるといわれています。一つは、森の手入れをする頻度が減り、木が大きく育ちすぎてしまったため、虫が繁殖したこと。もう一つは、地球温暖化による環境の変化で、生態系に影響がおよんだ

( 2022年05月号掲載 )

トップへ戻る