ホーム » インタビュー » Hydrangers FUKUOKAでアジサイ日本一を目指す

Hydrangers FUKUOKA 会長、坂本植物園 代表

坂本和盛さん

さかもと かずもり

坂本植物園でアジサイとシクラメンを中心に生産。昭和61年からシクラメンの生産を開始。現在年間16,000鉢を生産している。アジサイは平成4年から生産を開始し、現在35,000鉢生産。Hydrangers FUKUOKA立ち上げ当初から入会し、2017年度会長に就任した。手間をかけて育てた高品質な商品をつくり、鉢花の普及を目指している。

Hydrangers FUKUOKAでアジサイ日本一を目指す

>ジャパンフラワーセレクション2021-2022鉢物部門にて、「月虹」のフラワーオブザイヤー受賞おめでとうございます。育種されたHydrangers FUKUOKAについて教えてください。

Hydrangers FUKUOKA(以下、H'sF)は「福岡あじさいの会」の有志が集まり、生産技術の向上を目指して2015年に立ち上がりました。現在は6人で活動。年に6、7回ほど会員の圃場を視察して、花色や草姿、葉色、根が十分張っているかなどを確認したり、病害虫対策など生産上の問題解決について情

( 2022年03月号掲載 )

トップへ戻る