ホーム » インタビュー » 植物と人、双方にとって持続可能な場所づくりを

studio YAMAMORI 代表

森田紗都姫さん

もりた さつき

高知県出身、東京都在住。大学卒業後出版社に就職。その後室内外のグリーンのメンテナンスやランドスケープデザイン・施工を手がける会社での勤務を経て、ユニバーサル園芸社に入社。同時にグリーン選びのサポートをする「studio YAMAMORI」を2018年に設立。町田ひろ子アカデミーでガーデニングプランナー科の講師を務める。

植物と人、双方にとって持続可能な場所づくりを

>以前は出版社に勤めていたと伺いました。どんな経緯でグリーン業界に入られたのでしょうか?

子どもの頃から植物が好きで、園芸店やガーデンセンターに行くのが何よりの楽しみでした。ただ、植物に関わる仕事のイメージができず、園芸系の仕事に就くとは考えていませんでした。 学生時代は青年海外協力隊やベトナムのストリートチルドレンの施設訪問などの経験を通して、フェアトレードや開発経済学を学ぶために京都の大学へ進学。勉強するうちに、自分や身近な人の役に立てる仕事がしたいと思うようになり、出版社

( 2021年11月号掲載 )

トップへ戻る