ホーム » インタビュー » まだ見ぬ熱帯植物を探して

熱帯草屋/植物探検家

長谷圭祐さん

はせ けいすけ

大阪府出身。海外のジャングルでまだ見ぬ植物を探す植物探検家として活躍。屋号は「LA熱帯草屋」「雨林園芸」。ボタニカルアートを使ったグッズの制作や、植物の販売イべント「BORDERBREAK!!」「天下一植物界」の主催もしている。現在はパルダリウムの基本をまとめた本を制作中。

まだ見ぬ熱帯植物を探して

>なぜ植物探検家になったのですか? 仕事の魅力を教えてください。

昔から生き物が好きで、よく熱帯魚の専門店に通っていました。そこには海外から珍しい水草を持ち込む方が出入りしており、興味を持ったのがきっかけです。自分も植物関係の仕事をしたいと思い、大学では経営を学びました。 植物を求めて初めて海外へ行ったのは、大学2回生の20歳の時です。一度入荷したっきり5年ほど入荷がなかった植物を探して、インドネシアのスラウェシ島に行きました。それから定期的に海外へ行き、ある植物のタイプ違いを

( 2021年05月号掲載 )

トップへ戻る