ホーム » インタビュー » ガーデンファニチャー協会を、業界間をつなぐ架け橋に

ガーデンファニチャー協会会長

林恵美子さん

はやし えみこ

個人的に庭づくりの手伝いをしている中でデザインの相談をされたことをきっかけに、ガーデンデザインを独学で勉強。2011年から仕事を受け始め、2016年に三協アルミデザインコンテストで初受賞。ニチエス㈱のセミナーでガーデンファニチャーに感銘を受け、ガーデンファニチャーに強いデザイン事務所、センスオブリゾート㈱を2018年に立ち上げる。2020年4月にはガーデンファニチャー協会を設立した。

ガーデンファニチャー協会を、業界間をつなぐ架け橋に

>ガーデンファニチャーとの出会いはいつですか?

この業界に入ったのは、庭の手入れの仕事を手伝う中でガーデンデザインを学びたいと思ったのがきっかけです。セミナーや通信学習を活用して独学で勉強し、2011年から岐阜を拠点にガーデンデザインの仕事に携わってきました。 夫の仕事の都合で引っ越すことになったとき、自分の理想の庭をつくりたいと思い、庭を中心に自宅を設計しました。そのときのデザインを三協アルミデザインコンテストに出展したところ、シルバー賞をいただきました。デザイナーとしての自

( 2021年01月号掲載 )

トップへ戻る