ホーム » インタビュー » 人と園芸業界に貢献できるガーデンデザイナーを探求して

makiko design studio Ltd. 代表

佐藤麻貴子さん

さとう まきこ

帝国ホテル退社後、英国で園芸学・ガーデンデザインを学ぶ。ハンプトンコートフラワーショー2012に出展した「日本の復興ー希望の庭」は準金賞受賞。現在は日英で個人庭、公共庭のデザイン・メンテナンスを手掛ける。グリーン情報にて「英国ガーデンのいま」を連載中。

人と園芸業界に貢献できるガーデンデザイナーを探求して

>なぜホテルマンからガーデニングの道に転身したのですか?

7歳のとき東京から千葉の田舎に移住し、野スミレを植えて花壇をつくったり、盆栽を育てたり、庭仕事をする父の側で園芸に親しんでいました。将来の夢は漠然と「お花屋さん」でしたが、園芸関係の仕事に馴染みがなく、どうしたら叶うのか分かりませんでした。 ホテルに就職したのは、周囲に接客業をすすめられたのと、私自身、心地よい空間づくりに関心があったからです。ホテルマンの仕事は好きで、10年ほど勤務しました。それでも園芸業界への憧れが強

( 2020年07月号掲載 )

トップへ戻る