ホーム » インタビュー » クリスマスローズで暮らしに癒やしを添える

花郷園 代表取締役

野口貴子さんさん

のぐち たかこ

クリスマスローズを日本で盛り上げた一人、野口一也氏の娘として生まれる。キャビンアテンダントとして活躍した後、病に伏した父に代わって平成21年に花き業界へ転身。クリスマスローズとベゴニアを育成している。日本クリスマスローズ協会理事、花咲くハーバリウム認定講師、日本ベゴニア協会会員。

クリスマスローズで暮らしに癒やしを添える

>ナーセリーを継ぐまでの経歴を教えてください

父の仕事を見て花の世界に慣れ親しんではいましたが、自分が継ぐことは考えておらず、キャビンアテンダントとして働いていました。父が病に倒れたのをきっかけに、自分の仕事をしながら展示の手伝いを始めました。同年に父が亡くなったのを機に退職し、花郷園の跡を継ぐ決意をしました。 全く知識のない状態からのスタートでしたので、本を参考にしたり、クリスマスローズを育成する同業者の方を頼って一から勉強をしました。最初の2、3年は先が見えない状態で、ハウ

( 2020年05月号掲載 )

トップへ戻る