ホーム » インタビュー » 「子どもたちと地域の未来を考える」ために 花と緑のまちづくりを全国の市町村長に呼びかけます

亀岡市長

桂川孝裕さん

かつらがわ たかひろ

1963年2月生まれ、岐阜県出身。85年東京農業大学農学部造園学科卒、87年に亀岡市役所に入所、88年亀岡市都市緑花協会へ出向。03年1月の亀岡市議会議員選挙でトップ当選。07年4月の京都府議会議員選挙で当選、2期務め退任。15年11月の亀岡市長選で初当選、現在に至る。

「子どもたちと地域の未来を考える」ために 花と緑のまちづくりを全国の市町村長に呼びかけます

>「花と緑のまちづくり全国首長会」を立ち上げられた経緯を教えてください

子どもたち、特に幼稚園、保育園から8歳くらいまでに人間の脳は9割くらい育つといわれています。それまでに子どもたちがどのように自然体験をしていくかが大事です。最近の子どもたちのアンケート調査を見ると、「年齢が上がるにつれて自己肯定感が薄れ、自己否定するようになって自殺につながっていく」という問題があります。人が生きていくために必要な、自然の中で育まれる自己開発ができていない結果、自分を好きになれないのではないかと考

( 2019年01月号掲載 )

トップへ戻る