ホーム » インタビュー » ―バラに魅せられ、女子大生から農業の世界へ― 世界中に「食べるバラ」を広めたい

ROSE LABO株式会社 代表取締役

田中綾華さん

たなか あやか

1993年生まれ。ROSE LABO 株式会社代代表取締役。農林水産省「農業女子プロジェクト」メンバー。食べられるバラの存在を知ったことをきっかけに、バラ農業の世界へ。大学中退後、大阪の食用バラ農家で修行。2015年9月には前身となる「Flowery株式会社」を設立。翌年「アグリイノベーション大学校」に入学。現在、埼玉県深谷市で、農薬不使用の食用バラの栽培、加工品の企画販売に取り組む。2016年、さいたま市ニュービジネス大賞女性起業賞受賞。Global Student Entrepreneur Awards日本大会にて日本代表に選出。

―バラに魅せられ、女子大生から農業の世界へ― 世界中に「食べるバラ」を広めたい

―ROSE LABOのお仕事について

埼玉県深谷市にある自社施設(ビニールハウス1000坪、ハウス6棟)で、農薬不使用の食用バラを栽培しています。土の代わりにロックウールと呼ばれるスポンジの様なものを土台に栽培。自社で栽培したバラの花びらを飲食店に納品するのがベースです。セカンドステージとして、そのバラを加工したローズジャム・ローズティー・クッキーなどの製品を企画し,百貨店などで販売も行っています。化粧品の開発も今年の6月から開始しました。また、新品種の開発も行っています。生産者が加工・

( 2018年11月号掲載 )

トップへ戻る