ホーム » インタビュー » “農業と写真” 好きなことを仕事にした農業カメラマン。 「農と人、人と人をつなぐ、きっかけをつくりたい」

農業カメラマン

網野文絵さん

あみの ふみえ

1986年生まれ、山梨県出身。玉川大学農学部生命化学科在籍中に写真と出会う。農業と写真の2つの軸で働くことを決意し、卒業後は種苗会社のカメラマンとして勤務。野菜にもっと興味をもってもらいたいという思いのもと「野菜の写真を撮ろうの会。」を開催。写真と農業の2つの軸から、農業に興味がない人を振り向かせるための活動をしている。

“農業と写真” 好きなことを仕事にした農業カメラマン。 「農と人、人と人をつなぐ、きっかけをつくりたい」

-農業カメラマンになった経緯について

大学で農学部を専攻して食品などを扱う学科で勉強をしていたのですが、写真部に入部したことから写真を好きになり、将来働くなら農学部での学びと写真の2つを活かせる仕事に就きたいと考えていました。群馬県の種苗会社が「農学部をでていて写真を撮れる人」を募集していたことから入社することができました。 仕事で農家さんの話を聞き、作業を見る機会がたくさんあり、お店に並ぶまでのストーリーが分かれば、消費者も買うことが楽しくなるかもしれないと考えました。自分にできるこ

( 2018年05月号掲載 )

トップへ戻る