ホーム » インタビュー » デジタルトランスフォーメーションによるサプライチェーンの構築で植物の業界をイノベーションしたい

株式会社クレスト 代表取締役社長

永井俊輔さん

ながい しゅんすけ

1986年群馬県生まれ。早稲田大学を卒業後、㈱ジャフコ入社。M&Aやバイアウトに携わった後㈱クレストに入社。2016年より代表取締役社長に就任。入社後、CRMやMAを活用して4年間で売上を2倍に拡大させ、クレストをサイン&ディスプレイ業界の最大手に成長させた。その一方で、起業家として成熟産業にITを組み合わせて新たな価値を生み出し、生涯に100の企業を立ち上げることを目標としている。事業のひとつに植物・ガーデニングを中心とした「インナチュラル」ブランドもあり、関東圏内で8店舗を展開、全国展開を目指す。

デジタルトランスフォーメーションによるサプライチェーンの構築で植物の業界をイノベーションしたい

―植物を中心とした「インナチュラル」ブランドで店舗売上を伸ばされています

永井 関東で8店舗を展開しており、鉢の植物とそれにまつわる雑貨、洋服を1/3ずつの比率で展開しています。店舗を増やすことでお客様の数が増え、弊社の中核事業の1つでもあるお庭の相談会を通じて獲得されるガーデンデザイン、お庭の工事のビジネスにもつながります。さらに力を入れているのは、Eコマースでの販売。そしてそれらをプラットフォーム化させるために取り組みたい活動が、キュレーションメディアです。今後はより「ライフスタイル

( 2017年09月号掲載 )

トップへ戻る