ホーム » インタビュー » 花ステーション開設で物流・働き方の改革をしたい 委託手数料変更は、サービス対価の明確化が目的

株式会社大田花き 代表執行役社長

磯村信夫さん

いそむら のぶお

1950年生まれ。大学卒業後、京都生花を経て1973年に父が経営する大森園芸市場に入社。1975年に専務取締役就任。1989年に大田花き設立、専務取締役就任。1990年9月に日本で初の機械ゼリを導入。1994年代表取締役社長に就任。全国花き振興協議会会長、(一社)日本花き卸売市場協会会長、東京都花き卸売市場協同組合理事長、(一社)花の国日本協議会副理事長。

花ステーション開設で物流・働き方の改革をしたい 委託手数料変更は、サービス対価の明確化が目的

―コールドチェーンの確立、市場手数料の低減など、花き流通の改革に積極的に取り組んでいます

まず現状ですが、切花はお花屋さんが素材として仕入れたものを加工、接客して、サービスを付加価値としてつけていたので価格は下がっていなかったのですが、売れるものはだんだん仏花と葬儀花に片寄る傾向が顕著に出てきました。これからどうすればいいかを考えると、若い団塊ジュニアの花をあまり買わない人たちに買ってもらうためのマーケティング。市場と小売が一緒にプロモーションを行い、リテールサポートを徹底して売れる商品

( 2017年07月号掲載 )

トップへ戻る