ホーム » インタビュー » リニューアルした新生「趣味の園芸」が好調 テーマを深堀りする大特集主義で新規読者が2割増

NHK出版「趣味の園芸」 テキスト編集長

阿川峰哉さん

あがわ みねや

平成元年NHK出版入社。「おしゃれ工房」テキスト、「趣味の園芸」テキスト、雑誌「ERiO」、宣伝部を経て、2007年「きょうの料理ビギナーズ」テキストの創刊に参加する。同誌編集長を経て、「まる得マガジン」テキストのリニューアルを行い、現在20年振りに「趣味の園芸」テキストに戻り編集長を務める。

リニューアルした新生「趣味の園芸」が好調 テーマを深堀りする大特集主義で新規読者が2割増

―「趣味の園芸」テキストは今年4月号から誌面を大きくリニューアルしました

簡単にいうと、テキストの内容が時代に合わなくなっていたということです。時代とともに住環境が変わり、広い庭で楽しむ園芸よりも、ベランダや小さな庭で園芸を楽しみたい人が増えてきたわけです。そうした変化に誌面が対応できていなかったことが、ここ数年の部数下落を招いていました。

―具体的にはどういったリニューアルを?

読者対象を、従来の読者は大切にしつつ、より今の住環境にマッチした園芸を発信していこうと

( 2016年11月号掲載 )

トップへ戻る