ホーム » インタビュー » 儲ける花屋さんが各地にできれば業界全体に波及していきます 「花屋改革プロジェクト」で成果を出していきたい

株式会社ヌボー生花店 代表取締役社長

山崎年起さん

やまざき としき

㈱ヌボー生花店代表取締役。1979年長野市生まれ。立命館大学理工学部情報学科卒業。大学卒業後、東京の大手システムインテグレーターに入社。若くしてプロジェクトマネージャーとして活躍する。家業の㈱ヌボー生花店の業績悪化を受け2006年に帰省。前職の経験を活かし、ITシステムを積極的に活用しながら、大規模なコスト削減に取り組み1年で黒字回復させる。従来の花業界にはない斬新な取り組みは、花の成功事例としてたびたび紹介されている。

儲ける花屋さんが各地にできれば業界全体に波及していきます 「花屋改革プロジェクト」で成果を出していきたい

―花屋さんによる勉強会「花屋改革プロジェクト」を立ち上げて1年になります

全国各地の花屋さんがもっと儲かることが、この業界の活性化に直結することだと思っています。花の消費拡大を、国やいろいろな団体も「やろうやろう」と言っていますが、具体的な施策が意外とないのが現状だと思います。 情報の共有も大事ですが、1社ではできないことを一緒にやりたいです。「協働してやったほうが実利がある、本当にやってよかった」と思ってもらえる形を作って、各地域に1店舗でも元気な花屋ができてくれば、それが集まっ

( 2016年07月号掲載 )

トップへ戻る