ホーム » インタビュー » 人の集まる場所づくりをして植物の魅力を発信 花いけバトルをはじめ花と緑の仕掛けにたずさわる

(株)COTOHA 代表取締役

谷奥俊男さん

たにおく としお

(株)COTOHA代表取締役。京都の二条駅近くの路地裏で観葉植物とアンティーク雑貨の店「COTOHA」を経営、新しいアプローチで幅広い年代の顧客を獲得する。花業界の発展のためにさまざまな活動に取り組む。趣味はアンティーク雑貨集め。座右の銘は「三方良し」。

人の集まる場所づくりをして植物の魅力を発信 花いけバトルをはじめ花と緑の仕掛けにたずさわる

―京都の路地奥で人気店「COTOHA」を経営される一方、花いけバトルなど新しい花のイベントにたずさわり注目されています

40坪のゆったりとした店内には、3mを越える観葉植物から小さなサボテン、アンティーク雑貨が並び、ゆったりくつろげるソファも用意しています。できるだけ多くの人に来ていただくために、お店ではいろいろなイベントをしています。植物を買っていただくには、まずは人に集まってもらわなければ始まりませんから。 花いけバトルも、そうした考えから発信しています。一般の人に「花をいける

( 2016年05月号掲載 )

トップへ戻る